韓国紙「"なんで餃子から旭日旗?" ... CJ bibigo(ビビゴ)の中国広告に登場した "怪しい" 絵」韓国の反応


海外の反応 人気記事

 

 


注目記事

 

 


外部サイト 人気記事

 

 

 

 

 

「なんで餃子から旭日旗が出てくるの?」... CJビビゴの中国広告に登場した "怪しい" 絵

朝鮮Biz
記事入力 2022.04.22 07:45   最終修正 2022.04.22 09:20

 

(左)中国でCJ第一製糖の bibigo(ビビゴ)餃子広告に日本旭日旗を連想させる模様が使われたという指摘が出た。 (右)日本外務省がYoutubeの広告映像に使った旭日旗。 /日本外務省Youtube広告

 
CJ第一製糖の韓国食品ブランド bibigo(ビビゴ)が、中国で製品広告に日本旭日旗を連想させるイメージを使ったという批判が提起された。 旭日旗は中央の赤い太陽から16本の光線が伸びていく模様で、日本帝国主義と軍国主義を象徴する旗だ。 昨年7月の東京オリンピックでは、競技場内の旭日旗を容認するかどうかをめぐり、国際的な議論が起きた。 最近、日本政府はYoutubeに韓国語で旭日旗をPRする広告映像を流し、韓国国民の公憤を買った。
 
bibigo は今月8日、中国の植物性タンパク質食品メーカー 星期零(シンチーリン) Starfield と協業して作った「王餃子」2種を発売した。 星期零の植物性代替肉を入れたキムチ(中国語の製品名は中国がキムチを指す表現であるパオチャイ)餃子と韓国式チャプチェ餃子だ。 CJが健康食トレンドに合わせて植物性タンパク質を主原料に使用して発売した植物性餃子だ。
 

CJ第一製糖 bibigo(ビビゴ)が中国で4月に発売した「王餃子」2種。 左はキムチ(中国語の製品名は中国がキムチを指す表現であるパオチャイ)餃子、右は韓国式チャプチェ餃子。

 
同日、韓国人A氏は中国版カカオトークの WeChat で星期零の公式アカウントを見て驚いた。 新製品のお知らせ掲示物で bibigo 餃子製品の背景が旭日旗をイメージさせるイラストだったからだ。 丸い太陽のように見える円の周辺に光線が広がる形が、間違いなく旭日旗のようだった。 異なる点といえば、円も光線も赤色ではなく薄い緑色だということだ。 A氏は「赤色でなくても模様を見ただけでも旭日旗が思い浮かび気分が悪かった」とし「韓国の会社 CJが何を考えてこのような広告を作ったのか疑わしい」と話した。
 
厳密に言えば、この掲示物は星期零が制作して掲載したものだ。 同日、同時刻、bibigo・WeChatの公式アカウントにも、星期零協業餃子の発売ニュースが掲載された。 この掲示物には旭日旗を形象化したイメージはなかった。 ただ、星期零アカウントに掲示されてから2週間が経ってもCJが問題の余地のあるコンテンツを把握さえせずに放置したのも適切でないという意見が出ている。 また別の韓国人B氏は「韓国が日帝侵略戦争の被害国だが、韓国の大企業で国民感情を察知しないこのような広告を見るとは思わなかった」と話した。
 

中国でCJ第一製糖bibigo(ビビゴ)餃子広告に日本旭日旗を連想させる模様が使われたという指摘が提起された。 左はbibigoブランド紹介、右は中国で最近発売されたbibigo 植物性餃子2種広告

 
日本は最近Youtubeに公開した『日本の古い文化としての旭日旗』というタイトルの動画で「(旭日旗の)模様は数百年前から縁起の良い意味で広く使われてきており、北マケドニア共和国国旗、米アリゾナ州旗など世界各国でも使われている」と述べた。 日本外務省が昨年10月、韓国語を含む10ヵ国語で製作・配布した映像だ。 日本の侵略戦争の象徴物を日常生活の中の普遍的なデザインとして装ったという批判が出た。
 
旭日旗は、日本がアジア侵略戦争と第二次世界大戦中に使用した軍旗だ。 現在、日本海上自衛隊は光線が16本の基本旭日旗を自衛艦旗として使用中であり、陸上自衛隊は光線を6本に減らした旭日旗を自衛隊旗として使用している。

 

日本海上自衛隊は2018年10月、済州島で開かれた "2018大韓民国海軍国際観艦式" に旭日旗を掲げて参加しようとしたが、韓国政府が国民感情を理由に反対したため反発の末、参加しなかった。

 

昨年7月の東京オリンピックの時には、競技場内の旭日旗を容認するかどうかをめぐり、韓日間の真実攻防が繰り広げられたりもした。 当時、大韓体育会は国際オリンピック委員会(IOC)から日本の旭日旗応援を禁止するという約束を受けたと発表したが、東京オリンピック組織委員会は旭日旗の競技場搬入が禁止されなかったことを明らかにし、議論を呼んだ。

旭日旗は、日本海上自衛隊の自衛艦機として使われている。 海上自衛隊旭日旗は光線が16本、陸上自衛隊旭日旗は光線が8本だ。 サンケイ

 
星期零は植物性タンパク質生産技術を開発し、植物性代替肉などを製造している。 中国南部の広東省深センに本社がある。 中国ミルクティーブランド "ヘイティ"、コーヒーチェーン "ルイシングコーヒー"、ファーストフードチェーン "KFC" など100社余りに植物性タンパク質原料を供給している。 CJに先立ちプルムウォンが昨年12月、同社の植物性代替肉を入れた薄皮餃子製品を先に披露した。

 

星期零は今年1月、中国ベンチャーキャピタル業界の大手プリマベラキャピタルグループなどから1億ドル(約1240億ウォン)の追加投資を誘致した。 当時、共同創業者で最高経営者のキキウは「最初の自社工場建設、植物性代替肉の味と質感改善、人材拡大、マーケティング強化などに新しい投資金を使う」とし「ターゲット消費者であるZ世代の持続可能なライフスタイルに合わせた新製品の発売を急ぐ」と述べた。
 

中国北京のあるスーパーマーケットの冷凍庫に陳列されているCJ第一製糖 bibigo(ビビゴ)。 キム・ナムヒ特派員

 
中国は海外で米国の次に bibigo 餃子が多く売れる市場だ。 bibigo 餃子の中国売上は2019年の930億ウォンから2021年には1700億ウォンに増加した。 CJは昨年7月、約400億ウォンを投資し、中国東部山東省遼城工場の増設に乗り出した。
 
 
北京=キム・ナムヒ特派員
 
 
ソース
https://n.news.naver.com/mnews/article/366/0000808217?sid=104
https://news.v.daum.net/v/20220422074434576


スポンサードリンク

 
<お知らせ>
※サイトの構成やコメント欄が落ち着かず、ご不便をおかけして申し訳ありません。
当分の間、韓国人コメントもコメントサイトに掲載するつもりです。恒久的な措置になるかは今の所まだ分かりません。すみません;;
 
※この記事に対する韓国人コメントと、コメント欄はこちらからお願いします。
 
【コメント】韓国紙「"なんで餃子から旭日旗?" ... CJ bibigo(ビビゴ)の中国広告に登場した "怪しい" 絵」韓国の反応  

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 


海外の反応 人気記事




 

外部サイト人気記事


 

 

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ
 

おすすめの記事