【韓国の反応】産経新聞「岸田首相、独首相にベルリンの慰安婦像撤去を要請」


海外の反応 人気記事

 

 


注目記事

 

 


外部サイト 人気記事

 

 

 

 

 

産経新聞「岸田、ドイツ首相に直接ベルリン少女像撤去要請」

京郷新聞
記事入力 2022.05.11 09:06   最終修正 2022.05.11 09:40

 

日本外務省幹部「撤去に総力戦を繰り広げる」

 

オーラフ・ショルツ独首相が先月28日、東京で岸田文雄日本首相と会い握手を交わしている。 日本首相室

 
日本の産経新聞が11日報じたところによると、岸田文雄首相がオーラフ・ショルツ首相に、ベルリンに設置された日本軍慰安婦被害者の象徴である「平和の少女像」の撤去を直接要請した。
 
産経新聞は、岸田首相が先月28日に日本を訪問したショルツ首相との首脳会談時「慰安婦像が引き続き設置されているのは残念だ。 日本の立場とは全く違う」として撤去協力を要請したと伝えた。

 

同紙は「日本首相が少女像撤去を直接要請したのは異例のこと」とし「(日本)政府関係者が『これまでもさまざまなレベルで撤去を圧迫してきたが、首相が伝えれば強いメッセージになるだろう』と話した」と伝えた。
 
ベルリン平和の少女像は、在ドイツ市民社会団体 "コリア協議会" 主管で、2020年9月に1年の期限でベルリン市ミッテ区モアビット地域ビルケン通りに設置された。
 
日本政府が設置に抗議すると、ミッテ区庁は設置2週間後に撤去命令を下したが、コリア協議会が訴訟を提起すると保留した。
 
以後、ミッテ区庁は昨年9月、区庁都市空間芸術委員会の勧告により、今年9月28日まで設置期間を1年延長した。
 
ベルリン少女像の碑文には、第2次世界大戦当時、日本軍がアジア・太平洋全域で女性を性奴隷として強制的に連れて行き、このような戦争犯罪の再発を防ぐためにキャンペーンを行う生存者の勇気に敬意を表するという文句が書かれている。
 
日本外務省幹部は産経に「事実に反する記載を放置することはできない」とし「市民団体の活動もあって侮れないが、総力戦を繰り広げて撤去を実現する」と明らかにした。
 
コリア協議会は少女像の永久設置を推進しており、今後、日本政府の撤去圧迫はさらに強まるものとみられる。
 
 
パク・ヒョジェ記者
 
 
ソース
https://n.news.naver.com/mnews/article/032/0003146060?sid=104
https://news.v.daum.net/v/20220511065304186


スポンサードリンク

 
<お知らせ>
※サイトの構成やコメント欄が落ち着かず、ご不便をおかけして申し訳ありません。
当分の間、韓国人コメントもコメントサイトに掲載するつもりです。恒久的な措置になるかは今の所まだ分かりません。すみません;;
 
※この記事に対する韓国人コメントと、コメント欄はこちらからお願いします。
 
【コメント】【韓国の反応】産経新聞「岸田首相、独首相にベルリンの慰安婦像撤去を要請」  

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 


海外の反応 人気記事




 

外部サイト人気記事


 

 

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ
 

おすすめの記事