韓国人「"日本より進んだ技術開発" ... 証券市場を揺るがしたフェイクニュース」韓国の反応


海外の反応 人気記事

 

 


注目記事

 

 


外部サイト 人気記事

 

 

 

 

 

"日本より進んだ技術開発" ストップ高 後に暴落 ... 証券市場を揺るがしたフェイクニュース

韓国経済
記事入力 2021.11.23 15:37   最終修正 2021.11.23 16:19

 

ラムテクノロジー、2日連続ストップ高を記録した後急落
 
一個人が会社を詐称して報道資料を配布したようだ

 

 
ラムテクノロジーが世界で初めて超純度気体・液体フッ化水素同時生産技術を開発したというニュースは事実でないことが明らかになった。 ラムテクノロジーを詐称した個人が送った報道資料により該当内容の記事が報じられ、ラムテクノロジーの株価は2日連続ストップ高を記録したが、事実が明らかになった後、急落した。
 
23日、ラムテクノロジーは前営業日比16.65% 安の7410ウォンで取引を終えた。 一時ストップ高を記録した後、午後に入って急落した。 ラムテクノロジーは前日の22日、ストップ高を記録して取引を終えた。
 
ラムテクノロジーの株価が乱高下したのは、偽の報道資料のためだった。 前日、ラムテクノロジーを詐称したある個人が、複数の記者にメールで、ラムテクノロジーが日本のフッ化水素技術力より進んだ技術開発を終え、24時間全自動設備まで完成したという内容の偽の報道資料を配布した。 複数の記者らが該当内容を記事にし6800ウォンだった株価は、23日午前は1万1550ウォンまで値上がりした。
 
しかし、これは事実ではないことが分かった。 ラムテクノロジーを詐称した個人は、登録された特許を基に嘘の事実を交えて偽の報道資料を作成した。 ラムテクノロジーは23日、公文書を通じて「ラムテクノロジーを詐称した個人が "超純度フッ化水素技術開発" というタイトルで偽の報道資料を配布したものとみられる」とし「当社が先月1日に "超高純度フッ化水素の精製方法および装置" に対する国内特許を登録したことは事実だが、世界最高超純度気体・液体フッ化水素同時生産技術を開発したということは事実ではなく、ラムテクノロジーは超高純度フッ化水素精製を通じて半導体用フッ酸製品の単一金属不損物の濃度を1ppt以下の水準までにする事を目標としている」と説明した。 その内容が明らかになると、ストップ高まで上がった株価は急落し始めた。
 
ラムテクノロジーは、嘘の報道資料の配布経緯を調べている。 ラムテクノロジーは「当社が作成した内容ではないにもかかわらず、現在会社が特許登録に対する公式的な立場を明らかにしたように記事にされており、株価変動に影響を受けている状況」とし、「現在配布主体と経緯を確認中」と付け加えた。
 

 
韓国ネチズンの反応

※性別・年代別の表はコメント数が大体100件以上にならないと表示されません。

ソース
https://news.naver.com/main/read.naver?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=015&aid=0004631824
https://news.naver.com/main/read.naver?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=421&aid=0005742614

 
01. 韓国人
大韓民国株式市場の現実www
共感70    非共感1
 
 

02. 韓国人
マスコミ各社のレベル。
報道に対する検証手続きなしに、我先に出してこそ、自分たちの利益になるという考えだけだ。
クリック数を稼ぐために釣りのような報道タイトルが並んでいる。
言論が言論の本質を失っていく...
共感41    非共感0
 
 

03. 韓国人
全てが国民性
法が法ではないため、このようなことが日常茶飯事。
共感11    非共感0
 
 

04. 韓国人
この件で被害を受けた株式投資家たちは、該当新聞社に民事訴訟を起こし、最低限の確認も無しには二度と記事を書かないよう、注意深く記事を掲載しなければならない。
共感11    非共感1
 
 

05. 韓国人
マネートゥデイ、アジア経済、ファイナンシャルニュースは常習犯だ。
なぜマスコミ各社の裏広告は容認しているのか。
イエス24のネイバー買収説
M2Iの日進グループ買収説
ラムテクノロジーなど、数多くのフェイク・ニュースで株価操作を頻繁に行っているが、誰一人調査を受けたり、罰金処罰を受けたというニュースは見ない。
金融監督院はなぜ傍観しているのか。
明白な職務遺棄だ。
共感8    非共感0
 
 

06. 韓国人
クククク
K反日国産化の現実だwwww
詐欺操作が1位の国www
共感11    非共感6
 
 

07. 韓国人
ラムテクノロジーの担当者は責任を免れることはできないと思います。
22日12時に会社の公式チャンネルを通じて特許文書の原本までコピーしておきながら、世界初超純度フッ化水素生産特許獲得ニュースで上位を占めたのなら、少なくとも23日の取引開始前に虚偽事実であることを明らかにして株価が上がるのを防ぐか、あるいは3時以降に報道資料を出して取引中にマイナス30,40% となる被害者が出ないようにしなければなりませんでした。 虚偽事実であることを知らせるニュースを12時10分という昼食時間に個人が対応出来ないようにして発表してしまうと、勢力を除いたほとんどの人々に被害を与えることになります。
共感3    非共感0
 
 

08. 韓国人
会社も記者もグルだよ。
会社もすぐに反論報道資料を出さず、2連続ストップ高を待ってから売り手はすべて売りさばき、報道資料をばら撒いたと見ている。
記者も自社の人間かと思っったとか何とか言って情報提供を受けたことを知らないと言うだろうし。
金融監督院も知っていながら捕まえないのは、無能なのか何なのか。
結局、今回の事件も匿名の情報提供者のせいにだけして、みんな嫌疑なしだろう。
共感3    非共感0
 
 

09. 韓国人
韓国も中国に劣らず詐欺師がすごく多い。
特にネクタイを締めた合法的に詐欺を働く人間が溢れている。
共感3    非共感0
 
 

10. 韓国人
大韓民国のマスコミ記者たちの現実。
共感3    非共感0
 
 

11. 韓国人
日本を追い越したという言葉に目がないだけで、国民性を利用した詐欺手口wwwww
共感2    非共感0
 
 

12. 韓国人
犬や牛が記者をすると変な事件も起こるね。
共感1    非共感0
 
 

13. 韓国人
数十兆が行き来する市場で、北朝鮮でもなく、これが話になるか?
共感1    非共感0
 
 

14. 韓国人
反日利用は蜜の味
 
 

15. 韓国人
金融委員会は仕事をしないのか?
 
 

16. 韓国人
記者がカネを受け取って記事を出す事は全て遮断しなければならない。
新聞社の広告は企業がするようにしなければならない。
 
 

17. 韓国人
配布主体と虚偽記事を書いた記者....
被害を受けた個人投資家の立場では無期懲役にしたい気持ちだろうが、現実は何の処罰も受けない。
 
 

18. 韓国人
コインでも株式でも金融監督院で投資家保護は後手後手ですね。
虚偽記事で得た収益の10倍を吐き出すよう法制定が急がれる。
 
 

19. 韓国人
本当に韓国の記者レベル...
言論改革、警察改革、国会改革は必須
 
 

20. 韓国人
だからアメリカ株を買わなければならない。
最近、国内株式を所有する人は私の周りにはいない。
みんなアメリカ株式とコインをしてるし。
 
 

21. 韓国人
おい!ゴミ記者どもは会社に事実確認もせずに記事を 書くのか!
共犯なのか、調べろ!
 
 

22. 韓国人
ゴミ記者どもが一番問題。
事実、確認手続きなしに無条件に記事から書く..
後始末には知らんぷり。
 
 

23. 韓国人
詐欺師がふざけるな。
抜本塞源して厳罰に処せ。
 
 

24. 韓国人
典型的な勢力の株価操作だな
 
 

25. 韓国人
詐欺師が溢れているという意味だね。
 
 

26. 韓国人
だから毎回成功したという記事じゃなくて、量産に入ってから成功したという記事を出せって。
共感0    非共感1
 
 

27. 韓国人
この会社も本当に悪質だね。
昨日から株価が暴騰したのに、今日の12時にフェイクニュースだと明らかにするのは何...
共感21    非共感1
 
 

28. 韓国人
記者たちがゴミなのが、NaverのEメールで送って来た情報について差出人も確認しなかったということでしょう。
共感1    非共感0
 
 

29. 韓国人
一時は、左派が扇動した反日攻撃で勢力が一儲けしたが、最近は、反日攻撃の薬が効かないので、このような捏造までして個人投資家を貪っている。
 
 

30. 韓国人
こんなことが可能な世の中なのだ。
まだまだ遠い。
 
 

31. 韓国人
詐欺師が多すぎる国、なぜだ!
 
 

 
 

スポンサードリンク

 

 
外部サイト人気記事




注目記事

 

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ

海外の反応 人気記事


 

※コメント欄について※
4ね、56すなど人の生命を脅かすようなコメントは禁止です。
また、禁止ワードを設定しています。禁止ワードに引っ掛かるとコメントは表示されません。(サーバーには投稿者の情報とコメント内容が残ります)

具体的な禁止ワードについては、コチラをご確認ください。
いつもコメント、ありがとうございます。
よろしくお願いしますm(__)m


おすすめの記事