海外の反応 人気記事

 

 


注目記事

 

 


外部サイト 人気記事

 

 

 

 

 

首脳外交の成果を誇示した青瓦台 ... 日本には1行言及

ソウル経済
2021.12.22 16:33

 

韓米同盟の強化、グローバル先導国家としての地位向上など、成果を評価

専門家 "安米経中" 外交の危険性指摘 ... 対日外交も深刻な状況

 

 
文在寅大統領が今年、韓米首脳会談、主要7ヵ国(G7)首脳会議などに参加して韓米同盟を強化し、グローバル先導国家としての地位を強固にしたと、青瓦台が自評した。 米中対立が激化する局面で、危険な "安米経中(安全保障は米国、経済は中国)" 外交を展開するという懸念が提起されているが、外交成果だけをとりわけ強調したのだ。 特に、深刻な硬直関係から抜け出せない韓日外交に対しては、たった1行だけ言及するなど、重要な改善課題に対しては沈黙した。
 
 
◇外交成果のみを羅列した青瓦台
 
青瓦台は22日『2021年度首脳外交主要結果』報道資料で「文大統領が対面首脳外交を事実上正常化することで韓米同盟の強化、グローバル先導国家としての地位の強化、外交多角化を通じた新成長動力の確保などの成果を収めた」と言及した。 青瓦台は5月に米ワシントンDCで開かれた韓米首脳会談について「歴代最上の成果を収めた最高の歴訪だったという評価が韓米双方で共有される中、後続措置が続いている」と評価した。
 
また、2年連続G7首脳会議に招待され、G20、COP26首脳会議に出席し、グローバル懸案解決論議に主導的に参加したと強調した。 青瓦台は「文大統領がG7、G20首脳会議でコロナ19対応、国際保健ガバナンス改編、デジタル税合意など核心懸案解決と国際ガバナンス方向再設定を先導した」とし「またグリーン・デジタル転換など韓国版ニューディール、カーボンニュートラル政策など、我々の模範的政策を国際社会に提示した」と評価した。
 
外交の多角化についても成果をもって言及した。 青瓦台は「文大統領は今年、朝鮮半島周辺国中心の従来の韓国外交地平をヨーロッパ、中央アジア、中南米、アフリカおよび大洋州に大きく拡大した」とし「これら国家との関係を一層強化するとともに、未来競争力向上のための新協力分野を積極的に発掘し、サプライチェーンの安定的管理のために努力した」と評価した。
 
 
◇韓日外交は最悪だが ... たった1行だけ言及
 
青瓦台のこのような評価は、韓国の外交地形から見て、安逸すぎるという指摘が出ている。 外交専門家らは米中葛藤時代に現在の "安米経中" 外交が寿命を全うして危険な状況だと評価している。 国立外交院のキム・ヒョンウク教授は「安米経中の外交哲学は、米中覇権競争時期にはふさわしくない」とし「米国主導のサプライチェーン再編などから分かるように、経済も米国に傾くしかない状況で、中国に対する経済依存度を徐々に減らしていくなど政策変化を準備しなければならない」と指摘した。 パク・ウォンゴン梨花(イファ)女子大学北朝鮮学科教授も「米国は露骨に中国の人権問題などを指摘して同盟国の結集を促しているが、韓国政府も外交原則を立てて対応しなければならない時」とし「明確な原則を立ててこそ、米中双方から受ける圧迫を少なくすることが出来る」と評価した。
 
対日外交は一歩も進まないほど深刻な状況だが、青瓦台はこれに対しては1行だけ言及した。 青瓦台は報道資料で「文大統領は今年、対面外交のほかにも8回の首脳通話(米国、中国、日本など)を行い、韓国の多様な外交アジェンダ実現およびグローバル貢献拡大のために努力した」と説明した。
 
日本は岸田内閣になってから、より露骨に "コリアパッシング" をしている。 先月就任した日本の林芳正外相は、米国、中国など主要国のカウンターパートと就任電話で話をしたが、チョン・ウィヨン外交部長官には挨拶をしなかった。 韓日外相は電話もかけず、今月英国で開かれたG7外相会議で初対面したが、過去の歴史問題など双方の立場の違いを再確認するにとどまった。 イ・ウォンドク国民大日本学科教授は「林外相は日本内の親韓派と評価されるにもかかわらず、G7外相会議で強硬な態度を見せた」とし「日本内の韓国政府に対する不信がそれほど大きいという意味に解釈されるが、韓日両国が不信を解消するための案を持続して模索してみなければならない」と指摘した。
 
 
ソース
https://news.naver.com/main/read.naver?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=011&aid=0003999834
https://news.v.daum.net/v/20211222163203280

スポンサードリンク

 
 
<管理人の独り言>
韓国人コメントは元々少なめでした。
 
01. 韓国人
本当に世の中に出てはいけないもの...文在寅
共感12    非共感2
 
 

02. 韓国人
見ると、文在寅と民主党は、自分たちのスピーカーがYouTubeに吐き出している妄想に酔い脳が麻痺した状態だ。
米国が露骨に圧迫しようが、日本が露骨に無視しようが、ただ幸せな高揚感で浮かれている状態だ。
共感4    非共感1
 
 

03. 韓国人
嫌日で築き上げた政権だから、ずっとその方向に向かっているのだ。
支持層の大半が人種主義、民族主義に浸っている患者だから....
共感2    非共感1
 
 

04. 韓国人
外交不在と失敗を認めず、自画自賛とは..
共感1    非共感0
 
 

05. 韓国人
言及する価値がないよね。
共感2    非共感2
 
 

06. 韓国人
正気ではないようだ。
 
 

07. 韓国人
消えろ!!!
 
 

08. 韓国人
5年間で全てを滅茶苦茶にしておいて、土壇場で自分の仕事をしたと分かってくれ、それじゃないですかwwww
 
 

09. 韓国人
文在寅よ、隣国日本を見ろ。
一時、日本は我々より検査数が少ないと言っていたが、今やコロナ検査数が韓国より多く、検査をしないとか隠すとか、こんなことを言うのも恥ずかしい。
日本の低い感染率は適時にワクチンを輸入をしてきちんと接種したからだ。
だから集団免疫が発生して感染者数も少なくなったのだ。
一方、我々は1回目の接種者数を上げるために、ワクチンも足りないのに、2回目を延期して、接種間隔も滅茶苦茶で、交差接種も...
それこそ全世界の人々を相手に生体実験の代わりにしている。
これがお前の言うK防疫の現実だ。
共感5    非共感6
 
 

10. 韓国人
>09
単純、無知、勇敢だね。
典型的な保守バカ
共感0    非共感1
 
 

11. 韓国人
日本に対して言及する価値が無いからしないのであって、この人間はどうしてこんなに大騒ぎするんだ?
いや正直に言うと、韓国政府が紳士的に日本政府にどれほどずっと対話と協議を要請したんだ?
それで日本が聞こうとでもしたか?
話にもならない日本の主張と立場を固守し、韓国が何を言っても聞き入れないのに、一体ここで韓国政府がこれ以上何を譲歩しなければならないのか。
共感1    非共感2
 
 

※↓ここからダウム↓※
12. 韓国人
日本との関係が更に重要な君たちは一体何なのか?
共感35    非共感1
 
 

13. 韓国人
なぜ対日外交が正常ではないことでゴミ記者のお前が文句を言うのか?
日本ではこういう言葉はあまりないみたいだけど。
我が国のゴミ記者どもは、自ら日本の意思を代わりに伝えるという感じなんだけど...
共感23    非共感1
 
 

14. 韓国人
後進国日本と必ず何かしなければならないのか。
韓流にハマってる奴らなのに、我々が何が惜しくて?
共感13    非共感1
 
 

15. 韓国人
韓国と日本猿は断交しよう。
共感5    非共感1
 
 

16. 韓国人
日本は敵国だ。
独島を武力で奪うと言い、朝鮮半島での戦争を画策するのに、何をどうしろと。
日本文化ではこうした行動はすでに宣戦布告である。
戦争はすでに始まっているようなものだ。
しっかりしろ!
共感4    非共感0
 
 

17. 韓国人
あいつらが我々を無視するんだから、我々も当然無視すべきであって
我々はもう過去、日本に無視された韓国ではない。
目には目を歯には歯を
共感3    非共感0
 
 

18. 韓国人
大韓民国に何の過ちがあると、倭奴らにペコペコ頭を下げて外交するのか。
暇さえあれば独島を挑発し、経済報復として危害を加えようとする奴らを見ても、そのような言葉が出るのか。
とにかくこういう土着倭寇のせいで、まともなことがないんだって!
共感1    非共感0
 
 

19. 韓国人
自慢は全世界で1位
共感2    非共感6
 
 

20. 韓国人
韓米関係は堅固だというのに、なぜ駐韓米国大使は任命されないのか
共感0    非共感8
 
 

 
 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 
外部サイト人気記事




注目記事

 
海外の反応 人気記事


 
 

※コメント欄について※
4ね、56すなど人の生命を脅かすようなコメントは禁止です。
また、禁止ワードを設定しています。禁止ワードに引っ掛かるとコメントは表示されません。(サーバーには投稿者の情報とコメント内容が残ります)

具体的な禁止ワードについては、コチラをご確認ください。
いつもコメント、ありがとうございます。
よろしくお願いしますm(__)m


 

 

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ
 

おすすめの記事