韓国紙「現代自動車、ジェネシス水素自動車開発に急ブレーキ」韓国の反応


海外の反応 人気記事

 

 


注目記事

 

 


外部サイト 人気記事

 

 

 

 

 

現代自動車、ジェネシス水素自動車開発に急ブレーキ

朝鮮日報
記事入力 2021.12.28 03:57   最終修正 2021.12.28 07:08

 

内部監査の末、研究はひとまず中止

 
現代自動車グループは、2025年の発売を目標に進めてきた『ジェネシス水素自動車プロジェクト』を中止した。 内部監査の結果、次世代水素自動車の核心技術力と市場性が足りないという評価が出たためだ。
 

現代自動車動車グループのチョン・ウィソン会長が、ジェネシスブランドのビジョンを紹介する『フューチャリング・ジェネシス』の映像に出て挨拶をしている。フューチャリング・ジェネシス映像キャプチャ

 
27日、本紙の取材を総合すると、現代自動車はジェネシス水素自動車に搭載するため開発中だった『第3世代(水素)燃料電池』の開発成果と研究進捗度が当初の目標に遥か及ばないという結論を下したことが分かった。 燃料電池は水素自動車で内燃機関エンジンと同じ役割をする核心装置だ。 現代自動車グループは監査を通じて、このような結論を下した後、今年11月、組織再編や人事を通じ、燃料電池担当部署の役割を大幅に縮小したという。
 
現代自動車と政府はそれぞれ「2025年に水素自動車 年間生産量13万台」「2022年水素自動車販売8万台(政府)」を目標に掲げ、2040年に水素社会を達成し、"環境にやさしい経済成長" という二兎を得ようとしているが、こうした水素ロードマップにも赤信号が灯ることになった。 今年11月までの水素自動車の累積販売台数は、2万台をやや上回る程度だ。
 

◇ 生産単価削減難しい ... ジェネシス水素自動車開発もストップ

現代自動車は今年9月に開発中の第3世代燃料電池システムを公開した。 販売中の水素乗用車『ネクソ』に搭載された第2世代燃料電池より体積を30%ほど減らし、出力と耐久性を2~3倍に高めたという。 第3世代燃料電池の中核課題は生産単価だった。 現代自動車は現在、3000万ウォン前後と試算される車両燃料電池価格を、2025年までに50%以上引き下げる計画だった。 水素自動車の価格競争力を確保するためだ。
 

しかし、現代自動車は最近の監査を通じ、燃料電池の生産単価引き下げ計画は、現実性が落ちると判断したという。 水素自動車ロードマップ達成のための『水素自動車事業性』自体に疑問符が付いたわけだ。 このような監査結果は、チョン・ウィソン会長まで報告されたという。 また、監査結果を受け、第3世代燃料電池搭載を前提に開発中だったジェネシス水素自動車の開発プロジェクトも中止されている。 現代自動車に詳しいある関係者は「ジェネシス水素自動車の開発は計4年の開発期間を目標に、約1年ほど進められた状態だったが、第3世代燃料電池問題で中断された状態だ」とし「いつまたジェネシス水素自動車の研究・開発が進められるかも不透明だ」と述べた。
 
既存の水素自動車核心技術の開発と事業を担当していた部署も役割が大幅に縮小された。 現代自動車は定期人事発表1ヵ月前の11月、燃料電池事業部の組織再編を別途発表した。 既存の燃料電池事業部を水素燃料電池開発センターと水素燃料電池事業部に分離する内容だった。 自動車業界関係者は「現代自動車は事業部中心に動く」とし「新事業部が主導権を握り、既存の開発組職を牽制するという意味だろう」と述べた。
 

◇ 華麗な水素ロードマップ、実績は遠く及ばず

現代自動車を中心とした政府の水素経済ロードマップの現実性を巡る疑問も、同時に持ち上がっている。 2019年に発表した政府の『水素経済活性化ロードマップ』によると、水素自動車の販売目標は2022年までに累計8万1000台となっている。 しかし、水素自動車の内需と輸出実績は11月現在、2万1000台に過ぎない。 来年1年間で約6万台、過去4年間の累積販売量の約3倍が売れてこそ、目標達成が可能だ。
 
水素自動車普及のための水素インフラの拡充も、目標に遠く及ばない。 2022年水素ステーション設立目標は310ヵ所だが、現在水素ステーションは117ヵ所に過ぎない。 水素価格も現在1㎏ 当たり平均単価が8430ウォンで、6000ウォン(2022年)以下に下がるためには、28%も安くなる必要がある。
 
これは単なる現代自動車の技術力の問題ではなく、水素経済やグリーン水素を語るには、水素関連技術がまだ十分に熟していないためだという指摘が出ている。 水素インフラの拡充と市場性のためには、純度の高い水素を安く手に入れる必要があるが、現在の技術では不可能だという指摘だ。 韓国自動車研究院のイ・ハング研究委員は「水素自動車技術力を確保したトヨタでさえ、2030年の水素自動車市場を世界の自動車市場の3%前後と見込んでいる」とし「総合的に見て、水素関連技術力と市場性を見直し、現実的な目標を提示すべきだろう」と述べた。
 
 
ソース
https://news.naver.com/main/read.naver?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=023&aid=0003662473
https://auto.v.daum.net/v/20211228035607281

スポンサードリンク

 
01. 韓国人
文罪人がときめきの声を上げた時から予想された結末。
脱原発、所得主導成長、不動産、光化門執務室、 太陽光、水素自動車
みな文罪人が介入して駄目になった。
趣旨がいくら良くても、方法が社会主義思想で政府が干渉し統制すれば、人気本位の政策と、クソの周りに群がるハエがうじゃうじゃしてはいけない。
おかげで全羅道の大金持ちはかなり増えたよ。
共感3435    非共感418
 
 

02. 韓国人
>01
政権が変わると結論を出したんだね。
確かに大企業が情報は早い。
共感32    非共感2
 
 

03. 韓国人
>01
水素自動車が駄目になったのと全羅道?
何のバカ話
共感11    非共感26
 
 

04. 韓国人
>03
太陽光を口実に全羅道の塩田を数十億ウォンで買い取り、お金持ちにしてあげたじゃん。
共感35    非共感0
 
 

05. 韓国人
>01
全羅道は本当に手をつけないと。
一線を越えたとしても、遥かに超えすぎた。
共感47    非共感4
 
 

06. 韓国人
トヨタ、ベンツも水素自動車はビジョンがないと事業撤退www
文在寅が推進したものは、すべてこんな事態になるね。
脱原発からwwwwww
共感2071    非共感231
 
 

07. 韓国人
>06
無知な左派 文罪人が主張していた水素自動車事業を現代自動車がやめたとは...
現代車が賢明な決定をしたんだね
共感16    非共感5
 
 

08. 韓国人
>06
水素生産も難しいし、保管も難しい。
水素ステーションを建てるのに電気自動車より5倍以上お金がかかり...
一回爆発したら水素爆弾になるし...
これにいまだに固執するのは馬鹿なことだよ。
共感13    非共感37
 
 

09. 韓国人
>08
上に無知な奴がいるね。
水素自動車が事故後爆発しても水素爆弾のように爆発するかと思うんだね。
水素爆弾と水素電池とは原理が違い、爆発すると言っても水素爆弾のように爆発しないww
その論理なら水素トラックもみな爆弾だ。
共感58    非共感3
 
 

10. 韓国人
>06
トヨタ、MIRAIの新しいモデルが出たんですが どういうことですか?
共感17    非共感0
 
 

11. 韓国人
>06
水素電気自動車は貨物用、営業用といった現在のディーゼル車に代替可能であり、乗用車は電気車が効率的だ。
乗用車をたたむのであって、貨物営業用をたたむのではない。
共感18    非共感1
 
 

12. 韓国人
地球環境を考えると、未来エネルギーは水素になるべきだ。
今、損をしても、たゆまず研究してこそ勝つ。
韓国が進むべき方向であり機会だ。
共感406    非共感137
 
 

13. 韓国人
>12
水素自体はクリーンかも知れないが。
水素生成過程は絶対にそうじゃない。
グリーン水素?wwww
経済性が絶対ない。
環境にやさしい水素産業になるためには、宇宙から採集しなければならないのに。
それも経済性がない。
共感25    非共感8
 
 

14. 韓国人
>12
歴史を忘れた人だね。
ソニーのベータなど、技術が優秀でも、一人で推進した事業はすべて押し出された。
歴史を忘れれば未来はない。
共感15    非共感1
 
 

15. 韓国人
大衆化し始めた電気車はもう黒字が出る事業になったが、水素車は普及が遅く、経済性の確保が難しい状況なんだ。
水素乗用車では金儲けしにくい。
ベンツ・トヨタも相次いで下車するが、現代車だからといってこれといった問題はない。
共感393    非共感143
 
 

16. 韓国人
サムスンが フォルダブルフォン(折りたたみスマホ)を出したときも、からかわれました。
先制的な技術は常に莫大な費用がかかり、市場も不確実ですが、少なくともこのような技術を研究して、より進歩すれば良い結果もあると思います。
今まで研究したのはどこにも行かないじゃないですか。
更に革新的な技術を期待します。
共感223    非共感5
 
 

17. 韓国人
保守どもよ
企業がコメントだけを聞いて研究開発をするのか。
専門家たちの話と市場状況を総合的に判断して決めるのだ。
獣の頭は未だに独裁時代、政府が指示すれば全てをするというレベルにとどまっている。
共感231    非共感34
 
 

18. 韓国人
文在寅 他の国はみんな電気自動車で行くのに、水素自動車に言及した理由があるはずだ。
政権交代後に調査しよう。
共感117    非共感36
 
 

19. 韓国人
文在寅政府の対国民詐欺劇を再び見ているようだ。
現実的な可能性は考慮せず、政治的な立場だけを前面に押し出して企業に圧力をかけた代表的なケースと見られる。
文在寅政府がすべてに失敗ばかりした最大の理由が、専門性と現実性を無視して理念と政治的考慮だけをしたことにある。
共感100    非共感27
 
 

20. 韓国人
李明博と文在寅、能力だけ見れば雲泥の差だね...
大韓民国 歴代最悪の無能力大統領だろう。
その次が盧武鉉で...
国会議員時代、議政成績も最下位だったのに... こんな者を選んだ国民が馬鹿なのか。
しかし、さらに無能力で嘘つきで厚かましい李在明(イ・ジェミョン)が大統領になると出てきたのだから...
大韓民国の左派には希望がないようだ。
野党として牽制する役割で満足すべきか。
共感96    非共感31
 
 

21. 韓国人
政権が終終わるから、もうこれ以上、やるフリをする必要はない。
共感59    非共感4
 
 

22. 韓国人
わずか2,3年前、他の国々が電気自動車に投資した時、一部の愚かなテゲムンたちが、韓国が水素自動車を一番リードすると言っていた姿が生々しい。
共感62    非共感13

<補足>
テゲムン:頭が割れても文在寅支持の頭文字。熱烈な支持者を表す言葉

 
 

23. 韓国人
現政権はエネルギー分野に暗雲をもたらしてきた。
クリーンエネルギーは良いが、経済性がなければならない。
不慮の雲をつかむようなことをしている間に、韓国電力の赤字だけが増え、結局、これは国民の負担になることになる。
国民がしっかりと政権を選ばなければならない。
共感46    非共感4
 
 

24. 韓国人
私が見るには、現代が水素自動車の開発・生産を全て諦めたのではなく、ジェネシスブランドで水素自動車を出すには市場性がないと判断したようだ。
アイオニックのように、水素自動車のラインナップを 別に作って発売しそうですが...
ネクソシリーズ。
共感33    非共感0
 
 

25. 韓国人
水素生産には高コストと莫大なエネルギーが必要で、水素経済は駄目だと専門家たちが指摘したにもかかわらず、無能な文💩と💩連中が注文どおり水素経済を叫んだ。
現代車の賢明な判断だ。
共感33    非共感5
 
 

※↓ここからダウム↓※
26. 韓国人
電気自動車がどれくらい走りそうなのか
電気も全て化石燃料を取って出てくるのに
現代よ、水素自動車の研究を続けろ。
未来には大成功する。
共感171    非共感30
 
 

27. 韓国人
朝鮮日報ですね。
記者たちは原子力車両に乗ってください。
共感140    非共感20
 
 

28. 韓国人
バッテリー価格も10年前には電気自動車は不可能だった。
今、経済性で水素自動車を判断してはならない。
ハイブリッド車はトヨタに押され、水素自動車でリードしているのに、なぜそれを縮小するのか。
監査チームは数字だけ見ても、未来は見えない
共感95    非共感18
 
 

29. 韓国人
これがすべて次の技術跳躍のための投資です。
現代車、頑張ってください。
30年前、自動車産業に参入し、今や世界3位の自動車グループです。
共感83    非共感28
 
 

30. 韓国人
大型貨物車は無条件水素自動車で行かなければならないから、先制開発しなければならない。
共感50    非共感4
 
 

31. 韓国人
電気はしばらく過ぎ去っていく段階で、結局未来は水素に行くしかない。
共感71    非共感28
 
 

32. 韓国人
ジェネシスに乗る人が、面倒なのにいちいち水素ステーションを探すだろうか。
共感37    非共感2
 
 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 
外部サイト人気記事




注目記事

 
海外の反応 人気記事


 
 

※コメント欄について※
4ね、56すなど人の生命を脅かすようなコメントは禁止です。
また、禁止ワードを設定しています。禁止ワードに引っ掛かるとコメントは表示されません。(サーバーには投稿者の情報とコメント内容が残ります)

具体的な禁止ワードについては、コチラをご確認ください。
いつもコメント、ありがとうございます。
よろしくお願いしますm(__)m


 

 

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします^^

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ
 

おすすめの記事